gleich zum inhalt springen

東南アジアでも安心の美味しい水が飲める

人は、毎日どれくらいの水を飲むのでしょう?
朝起きて、まずコップ一杯のお水を飲みます。
人気モデルの多くが、この朝一の水の大切さを語っているのを良く聞きます。
現在、主人の仕事の都合で東南アジアに暮らしています。
一年中30℃のこの国で、お水の需要は本当に多いと思います。
とは言え、発展途上国なので、もちろん水道水は飲めません。
地元の人たちでさえも、ペットボトルのお水を買って飲んでいます。
外国人用に開発された、ウォーターサーバーがあります。
日本のお水をボトルで宅配してくれる会社もあります。
我が家は、地元のお水を宅配してもらっていますが、なかなか美味しく飲みやすい味だと思います。
20リットルが1つのボトルのサイズで、電話一本で1ボトルから宅配してくれます。
null以前は、この宅配ウォーターサーバーの事を知らなかったので、わざわざスーパーで2リットルのペットボトルのお水を、毎回買っていました。
飲料はものすごく重いですし、しかも年中気温の高いこの国で、重い荷物を持っての移動はかなり重労働でした。
でも、宅配ウォーターサーバーを知ってから、非常に便利に調理も出来るようになりました。
思えば、日本にいた時からウォーターサーバーは使っていて、この便利さを一度知ってしまったら、もう他の物には移れないなと思ったほどでした。
水は毎日の生活で、どうしても使う必需品なので、安全である程度美味しくないと意味がありません。
現在の赴任先でも、便利なウォーターサーバーがあって、本当に良かったと思っています。